税理士の選び方にはポイントがある!?

日本において税理士はとてもたくさんいるので、どのような税理士を選べばいいのかわからない方も多くいるのではないでしょうか。選び方には様々なポイントがありますが、今回は2つ紹介します。

ポイントの一つ目として挙げられるのが決算対策をしっかりと行ってくれるかどうかです。決算は企業にとってとても重要な作業の一つになります。何故なら節税対策や納税資金などを準備しなければならないからです。

税理士に依頼をする際にはどのような打ち合わせが行われ、いつ決算書が作成されるのか事前に把握して依頼をするようにしましょう。もし、決算直前で決算書を作成すると節税対策や納税資金の調達に間に合わないこともあります。

ポイントの二つ目として挙げられるのが、レスポンスの早さです。基本的に多くの税理士はレスポンスが早い方が多くなっていますが、中にはなかなかメールの返信がない方やすぐに対応してもらうことができないこともあります。レスポンスが早い税理士に依頼をすることによって決算の時や税務のことに関して疑問点などが生じた際にもしっかりと早く返答を得られる可能性が高くなっています。

2つのポイントを参考にして税理士を選ばれてみてはいかがでしょうか。

税理士が会社設立時の疑問を解決してくれる

個人事業主の方は事業を始める際に書類の手続きなどは比較的少なくなりますが、会社設立をするとなれば役所に提出しなければならない書類はとても多くあります。そのため、初めて会社設立をする方は書類作成ができなかったりすることもあるので、税理士を利用して効率的に設立準備をする人もいます。
では税理士に依頼をすることによってどのようなアドバイスを受けられるのでしょうか。

例えば起業資金です。個人事業主の中には自宅の一角で事業を運営される方も多くいるので、初期費用は少なくなりますが、会社を設立する場合は事務所などを持ったり、設備を整えたりするのが一般的になります。当然ではありますが、事務所を借りる際には月々の支払の他にも初期費用などがかかります。

また、事務所を持ったら印刷機やパソコンなども必要になるため、設備投資に費用がかかることもあります。このような起業資金においてはどのぐらい準備すればいいのかわからない方も多くいますが、税理士に依頼をすることによって丁寧にアドバイスをしてもらうことができます。

その他にも事業計画や組織形態に関するアドバイスです。会社設立をする場合は事業計画書などが必要です。また、組織形態を決めることが求められます。組織形態には株式会社や合同会社があります。このような点に関してもアドバイスを受けることが可能です。

個人事業主の方が税理士を利用するメリットについて

現在では税理士は様々な場面で活躍しています。基本的には会社員の方が利用するケースは少なくなっていますが、個人事業主の方や会社の経営者の方が利用することになります。
個人事業主の方の中には税理士の利用を検討されている方も多くいるのではないでしょうか。税理士を利用することによって多くの利点を得られるので利用されている自営業の方も多くいるのです。

利点として挙げられるのが確定申告をする際に焦ることが少なくなる点です。個人事業主の方でも所得がある場合は所得を申告するのが義務付けられています。そのため、毎年書類を提出して確定申告をしなければなりません。

しかし、普段の業務が忙しく確定申告のことを忘れて焦ったことがある経験をされた方は少なくないでしょう。税理士に依頼をしておくことによって確定申告のスケジュールを立てながら業務をしてくれるので、遅れるというトラブルを軽減できます。また、確定申告書なども作成してくれるので、普段の業務に支障なく納税をしたり、申告書を提出したりすることができます。

税理士を利用する最大のメリットとも言えるのが、払わなければならない税金を少なくすることができる点です。税理士の方は税務に関して多くの知識を持っていると考えるのが一般的になります。
特例などを利用して節税のアドバイスなどを与えてくれる税理士も多くいるので、事業の運営を有利に進めていくことが可能です。このように個人事業主の方が利用する多くのメリットが受けられます。その他にも起業時の税理士の利用や税理士の選び方のポイントについて紹介します。